煌髪(キラリ)ヘアカラートリートメント3つの特徴

  • 投稿日:
  • by


kirari05.jpg染めながらトリートメントではなく、しっかり養毛効果(ハリとコシ)

シャンプー前に10分染め習慣で徐々に染まる

手袋いらずで自宅で簡単に染まる!ヘアカラー

シャンプー前に乾いた髪の方が浸透効率が高いということが独自研究で判明。
染めた後にシャンプーをするので染料も自然と手から落ちるという利点もあります。

この3つのUSPを実現させているのが、"聖マリアンナ医大の研究チーム"が、独自開発した毛髪浸透成分「ヘアケアキューブ」。
天然染料と栄養成分をしっかり毛髪内部へ届ける役割を果たします。

 「ヘアケアキューブ」のここがすごい!

 →ナノ技術でキューティクルを傷めることなく浸透させる

 →毛髪内部へ染料を浸透させるので、着色効率と持続力が良い

 →栄養成分が頭皮や毛根経由ではなく髪の表面→内部→毛根(毛包)へ
  浸透するので確実に毛髪に有効成分が届きハリとコシを与える。

ほとんどの白髪染めヘアカラーは毛髪表面へ染料とトリートメント成分を塗布かキューティクルに、 絡める方法だけど、浸透を証明できる研究データの裏付けのある白髪染めヘアカラーはナノエッグの毛染めだけなんですね。

キラリ白髪染めヘアカラー体験をチェック